世渡りの知恵より独り生き抜く技術こそ最強!

笠倉出版社

slash

フィールダーの歴史

  • VOL.1 2011年9月10日発売

    記念すべき本誌第1号。ODウェアが流行っていたことを受けて、姿形だけではなく「実際に外で遊んでみよう」というコンセプトのもと誕生した。当然、内容は超エントリー向け。表紙イラストは今も連載を続ける渡部将が手がけた。

    • VOL.01
  • VOL.2~11 2012年2月29日〜2013年8月30日発売

    老舗誌がひしめくアウトドアカテゴリーに本格参入するべく、有名になるために付録をプラス。コンセプトは第1号を踏襲するが、付録効果でコンビニの棚をも獲得し、その名は何となく知られるようになった。本誌の第1フェーズ。

    • VOL.02
    • VOL.03
    • VOL.04
    • VOL.05
    • VOL.06
    • VOL.07
    • VOL.08
    • VOL.09
    • VOL.10
    • VOL.11
  • VOL.12~16 2013年10月31日〜2014年6月30日発売

    少しは有名になり、付録雑誌から本格的なアウトドア雑誌へ舵を取り始めた過渡期。付録→小冊子と、徐々に飛び道具はしまい込むことにして、第15号では一切の飛び道具を廃止。焚き火+猟師という大定番ネタをぶっ込む。

    • VOL.12
    • VOL.13
    • VOL.14
    • VOL.15
    • VOL.16
  • VOL.17~現在 2014年8月30日〜

    第1号より本誌を手がけてきた編集部の純な気持ちを展開する第2フェーズ。過渡期を経て、製作はほぼ自力として、内容は180度転回したが、編集部的には未だにエントリー向けだと思っている。全ての人間にとって、至って当たり前の行為を紹介しているからだ。

    • VOL.17
    • VOL.18
    • VOL.19
    • VOL.20
    • VOL.21
    • VOL.22
    • VOL.23
    • VOL.24
    • VOL.25
    • VOL.26
    • VOL.27