トップページ

大特集

【Vol.54】ひとりの力で 安全確実に 炎を操れる 焚火マイスター 養成読本ー孤独の焚火入門ー

焚火は人間の生存欲求に呼応し、眺めているだけで心安らぐものだ。ゆえに昨今のキャンプ人気に便乗して焚火をかじる一…

続きを見る

【Vol.53】身近な場所でも非日常を 堪能できる究極の野遊びを学ぶー野営入門ー

数あるレジャーの中でも昨今注目されているのがキャンプ。現実的な話、一度道具を揃えてしまえば遊びにお金がかからな…

続きを見る

【Vol.52】ただ与えられる物を楽しみに待つことは奴隷 自力で楽しさを見つけることこそ 自由への一歩だーDIY GEAR GUIDEー

今こそはじめる遊び道具を作る遊び この局面に来て先進国に住む人類は信じられないことに気づいた。ヒトはアリのよう…

続きを見る

特設企画

【vol.54】反権力 生活の 勧め(前半)

三里塚 ー半世紀にわたる反権力闘争の現在ー 海外旅行への玄関口として定着した成田国際空港。地元三里塚は、一九六…

続きを見る

【vol.53】タリバンの日常~世界を敵に回すテロリストは悪魔か~

アメリカを主(あるじ)とする精神的奴隷状態に陥った日本人において「世界」とは西洋多数派の先進国圏を指している。…

続きを見る

【vol.52】世界の産業を支え続けた殿堂品こそ最強の野営着ーWORKWEAR CATALOGー

アメリカが最も輝いていた1940年代に希望に満ちた労働者を支えたワークウエア。日本ではファッションアイテムとし…

続きを見る

Fielder's FINDER

【vol.54】FLAME RETARDANT HUNTING SHIRTS JACKET/SOLO CAMP TOOLS/MILITARY FIELD WEAR

HOUSTON×Fielderのコラボウェア第3弾はタフ能力を限界まで高めた現場専用シャツジャケット これまで…

続きを見る

【vol.53】FIREPROOF GEAR/LEDLENSER/HELIKON-TEX

じっくり火と向き合うほどに距離も近づいてしまうのが男の性 おそらく本誌読者ともなれば、許される場所なら直火、そ…

続きを見る

【vol.52】WATERPROOF SHRAF/RUBBER BOOTS/LATEST FIRE STAND/LUMINOX BEAR GRYLLS SURVIVAL COLLECTION

超軽量×防水の最強スペックを備えた幕営好きが選ぶべきシュラフはこの一択 ここで本当のことを言ってしまうと、本誌…

続きを見る

TEAM酷道

【vol.54】酷道471号

ドライブするだけで命に危険が迫る国道をご存知だろうか。「国道」と聞けば、生活道路よりも道幅が広く、きちんと整備…

続きを見る

【vol.53】酷道371号

ドライブするだけで命に危険が迫る国道をご存知だろうか。「国道」と聞けば、生活道路よりも道幅が広く、きちんと整備…

続きを見る

【vol.52】酷道425号

ドライブするだけで命に危険が迫る国道をご存知だろうか。「国道」と聞けば、生活道路よりも道幅が広く、きちんと整備…

続きを見る

MIL-SPEC LIFE

【vol.54】MIL-SPEC LIFE 50

環境に合わせて使い分けるHELIKON-TEXのアウターリスト 前項で戦場ジャーナリストの横田徹氏が絶賛してい…

続きを見る

【vol.53】MIL-SPEC LIFE 49

費用対効果抜群のHELIKON-TEXで完結するサバイバルキャンプギア “ブッシュクラフトライン”と称してタク…

続きを見る

【vol.52】MIL-SPEC LIFE 48

本格野営に導入したいHELIKON-TEXの実践的バッグ選 リアルなタクティカルギアを手掛けつつ、そのノウハウ…

続きを見る

伝統保存食入門

【vol.54】第22回 伝統保存食入門

ペット可のシンプルジャーキー ジャーキーといえば、濃い味付けがされたテング印のビーフジャーキーを思い出す人も多…

続きを見る

【vol.53】第21回 伝統保存食入門

ゴーヤーの旨煮 夏野菜の代表とも言えるゴーヤー。ツルレイシ、ニガウリという和名よりも、沖縄での呼び名の方が、ぐ…

続きを見る

【vol.52】第20回 伝統保存食入門

稚鮎のコンフィ なんだかオシャレっぽい名前の「コンフィ」。実はフランスの伝統的な保存食のひとつだ。メインという…

続きを見る

森に棲む

【vol.53】豊かな水がある暮らしに感謝する

森の暮らしの最大の敵は虫だった。煙を浴びても水を浴びても落ちない人間臭さを洗い流して森に溶け込む。生活を作るの…

続きを見る

【vol.52】本格的な梅雨前に棲家を用意する

緊急事態宣言解除後に梅雨入り。山にも夏がやってきた。今号の本誌企画で制作した小屋を作って終わりなんてもったいな…

続きを見る

【vol.51】笹薮と傾斜と小川を利用する生活を作る

新たな計画が始まる。まだ森が目覚める前に山の道具作りをする。生木を加工するのは水管が開く前がいい。森の笹を刈り…

続きを見る

捕まえろタダだ!

【vol.54】メダカをいただきま~す

短い秋が始まった。今年は自然界の木の実の成りがあまり良くない感じがする。地域で異なるとは思うが、近所を見て回る…

続きを見る

【vol.53】ニホンウナギをいただきま~す

長い梅雨が明けたと思ったら猛暑の連続。夏ってこんなに暑かったかと思うくらい体にこたえる暑さが続いている。仲間内…

続きを見る

【vol.52】アメフラシをいただきま~す

今年は、新型コロナの影響で春を感じにフィールドに出られなかった。アウトドアマンはかなり鬱憤が溜まっていると思う…

続きを見る

ニワトリのいる暮らし

【vol.54】にわとりのいる暮らし No.33

長期山行や自分の古民家へ、すいすいと出かける夫を見ていて、うらやましく思うことがある。正確にはうらめしい。いい…

続きを見る

【vol.53】にわとりのいる暮らし No.32

長い間飼っていたロードアイランドの群れが、8年の間に少しずつ減って、ついに『ニワトリがいない暮らし』になってし…

続きを見る

【vol.52】にわとりのいる暮らし No.31

5月の終わりのおだやかな夕方だった。休校中ということもあって、めずらしく家族全員がそろっている。 「キンちゃん…

続きを見る

亀山亮の八丈島生活史

【vol.54】日本の「世間」

梅雨が明けて夏場に入ると八丈の海は水温が30度近くまで上がり、回遊魚は水温が低い深場へといってしまった。例年必…

続きを見る

【vol.53】コロナ

前回のメキシコ取材で、カルテルのパトロールに同行している最中に崖から落ちた。敵に発見されるので明かりをつけるこ…

続きを見る

【vol.52】メキシコ・バラバラの壁とコロナ

3月末、コロナの影響がこれからメキシコでも拡大することが必至な情勢となって、取材予定の1カ月を残してギリギリま…

続きを見る